【親や彼氏にバレずに働く裏技】キャバクラで身バレ防ぐ方法

キャバクラで身バレを防ぐ方法

キャバクラでは誇りを持って働いている方もたくさんいるとはいえ、やっぱり気になるのが身バレ。

夜職はまだまだ世間からの風当たりはキツいですからね……。

特に彼氏がいる方や、親が厳しい方、それから昼に本業として別の仕事をしている方は、夜の顔がバレたら死活問題!という方もいるのではないでしょうか?

ですが、工夫をすることで身バレする確率をほとんどゼロに近づける方法もあるんです。

私も学生時代の友達にはキャバクラのキャストではなくファミレスで働いてると言ってますが、1回もバレたことはありません。

キャバクラキャストで働きつつ、絶対に身バレしたくない方のために、ここでは身バレを防ぐ方法について解説していこうと思います!

①SNSなどに証拠を残さない

TwitterやInstagramなどのSNSをやっている方も多いと思います。キャバ嬢を始めるときに、キャバ嬢としての自分用のアカウントを作る方は多いですが、そこに自分だとバレるような証拠を残さないようにしましょう。

例えば、キャバ嬢用のSNSアカウントに、素の自分が使っている私物を写すなど。逆に、素の自分のアカウントにあまりにも金回りが良さそうなブランド品を写さないことも、身バレを防ぐためには重要です!

SNSを開くときのパスワードを設定しておくのも良いですね。

同時に、うっかりLINEなどを見られても大丈夫なようにお客さんとのやり取りの履歴を削除しておいたり、SNSの通知が来ないように設定を変えておくのもおすすめです。

②アリバイ会社を使う

本業としてキャバ嬢の仕事をしている方は、アリバイ会社をうまく活用しましょう。

今では本業を知られたくない方が利用できるアリバイサービスが登場しています。多くの場合、クレジットカードを作るときの在籍確認や引越しをするときの入居審査など、夜職だと審査が通りにくい場合に利用することができます。

例えば親にも内緒でキャバ嬢の仕事をしている場合、親に会社を尋ねられた時用にアリバイ会社を利用して、身バレを防ぐ方法もあります。

会社によっては給与明細書や就労証明書を発行してくれるところもあるので、キャバ嬢であることを隠し通したい場合はぜひチェックしてみてください!

③朝キャバ(昼キャバ)を選んで働く

「夜の時間に働きに出ることで彼氏にバレてしまうかも……」という場合は朝キャバや昼キャバで働くのもおすすめです。朝キャバ・昼キャバは文字通り朝や昼の時間に営業しているキャバクラのこと。

夜キャバに比べるとお客さんが少なくなりがちなことから、夜に比べると給料面では低くなりやすいです。

ただ、頑張ればバックもつきますし昼間でも時給2000円〜で働くことができるので、日中に効率的に働けるという面では朝キャバ・昼キャバもおすすめです!

特におすすめなのは昼〜夜に営業しているキャバクラ。普段は昼キャバで働きつつ、夜に働いてもバレない日があるなら、その日は夜にシフトを入れるなど昼と夜、両方で働くことができます!

夜キャバだけではなかなかたくさんシフトに入れない場合は、このように昼と夜でシフトを選べるお店を選ぶのもおすすめですよ☆

④住んでいるところから近いキャバクラで働かない

身バレするパターンの中で最悪とも言えるのが、お店の中で鉢合わせパターンです。

想像しただけで気まずいですよね……!お店の中でなくても、その近くで同伴・アフターをすればその飲食店で知り合いにばったり、なんてこともあるかもしれません。

住んでいるお店から近いキャバクラキャストを選べば、それだけ身バレする可能性は増えていきます。

どうしても身バレしたくない場合は、そうしたお店は候補から外して、出来るだけ知り合いがいないエリアで働くのがおすすめです!自宅近辺だけでなく、あなたが通っている学校や働いている会社の近辺、また親が働いている会社の近辺も避けましょう。

ですが、遠くのお店を選べばそれだけ通勤が大変ですよね。その場合は寮完備のキャバクラで働いて引っ越すか、関西全域まで広く無料送迎してくれるキャバクラを選びましょう!

まとめ

キャバクラキャストとして身バレを防ぐ方法で工夫したいポイントは以下の通りです。

  • うっかり見られても大丈夫なようにSNSに証拠を残さない!
  • アリバイ会社を利用すれば在籍確認や書類の発行も安心!
  • 勤務時間が気になるなら朝キャバ・昼キャバを選ぶ!
  • 店内で鉢合わせしないよう近くのキャバクラは選ばない!

このように、キャバクラで働いていることを隠す方法は様々あります。

ですが、大切なことは自分がうっかり話さないこと。これらの身バレ対策が完璧でも、例えば友達を信じて打ち明けたら他の人にバラされたパターンや、酔ってうっかり自分で口を滑らせたことから身バレする可能性もあります。

うっかりミスをしないよう、あなた自身気をつけることも大切です!

ゆったり働くなら派遣のキャバクラ