どんなLINEが効果的?キャバ嬢が知りたい営業LINEのコツ

キャバ嬢が知りたい営業LINEのコツ

キャバ嬢の仕事をする上で、LINEやメールを使った営業は必須です!

同伴や指名をたくさんしてもらえばもらうほど人気のキャバ嬢へと近づきますが、その同伴や指名を増やすためには自分から営業しないことには始まりません。

ですが、ただ単に「指名してください」ではキャバ嬢の営業とは言えません。どうすればお客さんへの営業が成功するのでしょうか?

ここでは、現役キャバ嬢の私がキャバ嬢の営業LINEが成功するコツについて解説していきたいと思います!

誰に送っても成り立つような内容は送らない

ただ単に同伴や来店を誘うようなLINEを送るだけでは、お客さんはなびきません。

例えば「この前は来てくれてありがとう!来週お食事行きたいんですが、どうですか?」など。

この内容では、誰に送っても同じですよね。ちなみにこの場合「お食事」は同伴のことです。お客さんから見れば「どうせ営業でしょ。俺が行かなくても他の誰かが行ってくれるよ」と無視される可能性大です!

そうではなく、「〇〇の話、すごく楽しかった!もっと聞きたいので、〇〇さんが好きって言ってたあのお店でご飯食べに行きましょう!」と会話の内容を盛り込みましょう。

この内容なら、お客さん全員にコピペして送ることはできませんよね。このようにあなたとお客さんにしか伝わらない内容のLINEを送ることで、「この子、自分に興味を持ってくれてる?」とそのキャバ嬢との関係に特別感を持たせられます。

送る時間を考える

営業LINEを送るなら、相手のスマホを見るタイミングを考えて送りましょう。

例えば仕事中や、既婚者のお客さんの場合は家族団らん中と思われる時間は避けたほうがいいです。すぐに返信できませんし、家族や奥さんにキャバクラに行っていることがバレたら今後そのお客さんは二度とキャバクラに来られなくなってしまうかもしれません。

ベストなのは仕事が終わったくらいの夕方の時間帯ですね。ひとりでスマホを見ることができるであろうタイミングを狙いましょう!運が良ければそのままお店まで足を運んでくれるかもしれません。

また、最初に連絡先を交換したタイミングでお客さんに連絡しても良い時間帯を直接確認して、その時間にLINEを送るのもおすすめです!

営業をかけているのがバレバレな内容は避ける

先ほども少しだけ触れましたが、営業色が強すぎる営業LINEはNGです。
LINE@などの利用もよっぽど人気の有名キャバ嬢にならない限り、控えた方がいいでしょう。

まるでメルマガのように定期的にコピペで他のお客さんにも使えるような内容のLINEを送ったり、事あるごとに来店や同伴を誘うような内容は、営業であることがバレバレです!

営業を掛けられていることがわかると、お客さんは余計にキャバクラに行きたくなくなってしまいます。

ある程度お客さんとのLINEでの雑談のやり取りをしつつ、来店しやすいタイミングを狙ってピンポイントに来店や同伴のお誘いをしましょう!根気が必要な方法ではありますが、LINEはお客さんと仲良くなる上でもとても便利です。上手く活用して、お客さんに「あなたと会いたい!」と思ってもらえるような工夫をしてください☆

ゆったり働くなら派遣のキャバクラ