あなたに合ったスタイルで。キャバ嬢の代表的な営業方法まとめ

キャバ嬢の代表的な営業スタイル

キャバ嬢としてお客さんの指名や同伴を増やす上で、営業は必須です!

しかし、キャバクラのお客さんはあくまでキャバ嬢と仲良くなりたいという心理があるので、営業色が強い営業はあまり好かれません。だいたい無視されます(笑)

ではどうすれば良いのかというと、営業感を出さずに、会話の流れで自然にお客さんに指名や同伴をしてもらえるように仕向けていけば良いのです。

その営業方法はキャバ嬢によって様々あります。これからキャバ嬢として頑張って稼いでいこう!という方は、先輩キャバ嬢の営業スタイルについて、ぜひ参考にしてみてください!

①友達営業

友達営業は、お客さんと飲み友達のような間柄になる営業方法です!

あくまで友達なので高額のボトルのオーダーやプレゼントのおねだりは難しいですが、関係が破綻しにくく、長くお客さんとして通ってもらいやすいのが友達営業のメリットです。

営業方法も「今日飲もーよ!」とまるで本当に友達を飲みに誘うような感覚です(笑)

特に若いお客さんや、お酒が好きなお客さんの場合は友達営業を掛けやすく、今後も長く通ってほしいと思える方の場合は私も友達営業を掛けます。接客している側も、友達と飲んでいるような感覚なのでかなり気楽です。

②色恋営業

キャバ嬢に一番多い営業スタイルが色恋営業です。自分を女としてアピールして、お客さんに惚れされる営業スタイルですね。「なんだか〇〇さんと会いたいな〜」など、こちらも本気で好きになってもらおうとアピールしにいきます!

そして、お客さんを惚れさせればこっちのもの。高額ボトルのオーダーや高額なプレゼントのおねだりも聞き入れてもらえる可能性が高く、また頻繁に通ってもらうこともできます。

キャバクラに通うお客さんは少なからずキャバ嬢に対して下心を持っているので、あえてそのお客さんが自分を口説ける可能性があるように見せかけるのがポイントです。

「もうちょっと貢げば落ちるんじゃないか?」とお客さんに思わせることが重要ですが、恋心がそう長続きするわけもなく、何年も長続きする営業スタイルではありません。

ほとんどのキャバ嬢は、この友達営業と色恋営業をお客さんによって使い分けて日々の売上をあげています!

③オラオラ営業

強気なキャラの場合はオラオラ営業もおすすめですが、全員におすすめしたい営業スタイルではないことをまず最初に知っておいてください(笑)

オラオラ営業の由来は大阪の元超人気キャバ嬢門りょうさんの営業方法で、高額ボトルを入れてもらうことは当たり前として「今日は何本入れるの?」と超強気に接客します。

流石にここまで強気ではないにしろ、「今日お店に来てよ!」と強気におねだりするなら現実的です。

ただ、新人キャバ嬢が接客スキルもお客さんとの信頼関係もないのに、いきなりオラオラ営業すればただ嫌われるだけです。強気キャラで行きたい場合は、ある程度お客さんが増えてきた頃合いに、軽いオラオラ営業から初めてみると、キャラにハマって逆に好かれる可能性大です!

おすすめできない営業スタイル

逆に、実際にこの営業スタイルをやっている人はいるもののお客さんが付きにくい、または同僚のキャバ嬢からめちゃくちゃ嫌われる営業スタイルもあります。

友達営業や色恋営業とは逆に、私としては参考にしてほしくない営業方法についても3つご紹介いたします。

①枕営業

まず、枕営業です。枕営業の意味は有名ですよね。お客さんとエッチなことをして指名を増やす営業方法です。

キャバクラに来店するお客さんのほとんどがキャバ嬢に対して下心を持っています。

枕営業をすれば、まさにその下心を叶えてあげることになるのでお客さんから好かれやすいですが、まず同僚キャバ嬢にはめっちゃ嫌われます!

そもそも、現実的に見てこの方法は長続きしません。1人のお客さんに枕営業をすれば毎日たくさんの指名が入るわけがありませんので、たくさんのお客さんとホテルに行くことになります。

さらに、1回行けばOKというわけではないことも明白です。体力が持ちませんし、自分の体を守る上でも枕営業は絶対NGです!

自分から持ちかけるのはもちろんダメですし、逆にお客さんから枕営業を求められても応じてはいけません。

②本彼営業

本彼営業とは、お客さんと本当の恋人同士のように付き合う営業方法です。

休日にデートも行きますし、エッチなこともします。だって本当の彼氏と同じように扱うのですから。

私としては、1人のお客さんに対してそこまでする!? といった印象を受けます(笑)

本当に付き合う気持ちがあるならまだしも、あくまで営業です。そして器用な方は1人のお客さんだけではなく、他のお客さんにも同じ営業を掛けます。

これはリスクがとても大きいですよね。例えば複数人に本彼営業を掛けていたとして、それがお客さんにバレた場合。自分は本気で付き合っていると思い込んでいたのに、あくまで営業だったとわかればお客さんはすぐ離れていきます。指名客を一気に失うことにも繋がりかねないので、やめておきましょう。

③病み営業

病み営業は、自分が精神的に病んでいることをアピールする営業方法です。

メンヘラなんて言葉も最近では一般的になっていて、SNSを見てみると「メンヘラなんです〜」とメンヘラな自分可愛いでしょ?アピールをしている女の子も見掛けます。(※決してディスってはいません)

それと同じように、キャバ嬢の中にもメンヘラキャラでアピールしている方もいますが、正直やめた方が良いです。枕営業同様めちゃくちゃ嫌われます。

例えば「今日精神的に辛いから〇〇さん来て」など。メンヘラな女の子に必要とされてると感じると、「どうにかしてあげなきゃ!」というお客さんは一定数いますが、あまりに病み営業が重すぎると、自然とお客さんは離れていきます。

まとめ

キャバ嬢の営業スタイルには様々な種類がありますが、おすすめできるもの・できないものがあります。

おすすめの営業スタイル
  1. 友達営業:飲み友達感覚で営業すること。長期的な付き合いも可能!
  2. 色恋営業:お客さんを惚れさせる営業スタイル。太客になる可能性大!
  3. オラオラ営業:強気な営業スタイル。強気キャラで行きたい方におすすめ!
おすすめしない、やらない方が良い営業スタイル
  1. 枕営業:お客さんと寝る営業スタイル。自分を守るためにもやっちゃダメ!
  2. 本彼営業:お客さんと本当に付き合う営業。バレたら一気にお客さんを失う!
  3. 病み営業:メンヘラキャラを押し出す営業。嫌われやすいので要注意!

おすすめしない営業方法のどれもが共通して、同僚キャバ嬢に嫌われます。「キャバ嬢は個人戦だから同僚に嫌われても、お客さんに好かれれば大丈夫でしょ?」と思うかもしれませんが、女を敵に回すと怖いことは長年女性として生きてきた方ならわかることと思います。同僚とは仲良くしておくべきです!

営業方法には他にも様々あり、一番大事なのは、自分らしさをアピールできる営業スタイルを選ぶことです!自分らしく、素を見せられるような営業方法で、お客さんをあなた自身の魅力で虜にしちゃいましょう!

営業方法を知ったところで、ぜひキャバクラの仕事内容と収入についてもチェックしてもっと具体的に分かるといいと思います!

ゆったり働くなら派遣のキャバクラ